産業用ドローンの導入・開発のご相談

産業用ドローンの導入・開発のご相談

メールのアイコン資料請求・お問い合わせ

よくある質問 FAQ

カテゴリーを選択してください

産業用ドローンについて

  • Q
    産業用ドローンとは何ですか?
    A

    産業用ドローンとは、物流・郵便、インフラ点検、防災・災害、農業、測量、警備など、あらゆる領域で、特定の業務がこなせるように機能が付加されたドローンのことです。
    ACSLは、産業分野における既存業務の省人化・無人化を実現すべく、国産の産業用ドローンの開発を行っています。

  • Q
    産業用ドローンを導入するメリットはなんですか?
    A

    産業用ドローンを導入することにより、既存業務の危険作業の代替、将来的な人手不足の解消、省人化・無人化を実現することが可能となります。ホビー用のドローンと比べて、使用用途に応じて最適な構成になっており、耐環境性能にも優れたドローンとなっております。ACSLのドローンは独自の制御技術を用いた国産フライトコントローラを搭載しているため、産業分野においても安全安心にご使用いただけます。

  • Q
    産業用ドローンの導入までの流れについて教えてください
    A

    既存機体の導入を検討・希望される方は、代理店からの購入になります。
    購入までの流れ」より代理店を選択いただきお問い合わせください。
    機体の開発・カスタマイズを検討・希望される方は以下の流れとなります。

    • 01.お問い合わせ
      まずはお問い合わせフォームよりお問い合わせください。
    • 02.ヒアリング
      ACSLでは、お客様の課題解決に繋げるためのソリューションを提案させていただくために、担当者よりお客様の状況をヒアリングをさせていただいております。
    • 03.ご提案・お見積もり
      ヒアリング状況をもとに、ACSLのドローン導入に関する具体的なご提案とお見積もりをお出しします。
    • 04.ご契約
    • 05.ドローン導入
      必要に応じて、概念検証やカスタム開発等を行います。
  • Q
    どのようなシーン(場所)で利用できますか?
    A

    物流・郵便、インフラ点検、防災・災害、農業、測量、警備など、あらゆるシーンで利用することが可能です。

    特にインフラ点検では、GNSSの精度が悪化する環境が多く、そのような環境でも自律飛行が可能な⾃⼰位置推定技術(Visual SLAM、Laser SLAM)を実装することができます。

    煙突、トンネル、橋梁下や室内などのGNSSデータが取得できない環境下においても、自分の位置を把握し、自律飛行を行うことが可能です。

  • Q
    ACSLの産業用ドローンは他社と何が違うのですか?(強みは何ですか?)
    A

    ACSL独自の制御技術を用いた国産フライトコントローラを搭載しているためセキュリティの面でも安全安心にご使用いただけ、さらにカスタマイズも可能です。

    物流、インフラ点検、災害等の様々な領域で導入経験と、100社以上の取引先実績があるため、あらゆる課題に対応することが可能です。

    国際標準化機構(ISO)が定めた国際的な品質マネジメントシステムに関する国際規格「ISO9001」の認証と、小型回転翼無人機では初となる、日本産業用無人航空機工業会のJUAV認定第一号を取得しています。

  • Q
    産業用ドローンのスペックを教えてください
    A

    各機体のスペックは製品一覧のページよりご確認ください。

    製品一覧
  • Q
    産業用ドローンは屋内でも使用できますか?
    A

    ACSLのドローンは、Visual SLAMと呼ばれるステレオカメラと画像処理を用いた自己位置推定技術による自律飛行するため、非GPS環境である屋内でも使用可能なオプションをご用意しております。

導入について

  • Q
    価格はいくらぐらいですか?
    A

    サイトに掲載されている既存機体の価格につきましては、製品の販売価格は各代理店により決定されるため、「購入までの流れ」より代理店を選択いただきお問い合わせください。
    機体の開発・カスタマイズを検討・希望される方は、お客様がもつ課題に合わせてACSLでは、お客様が持つ課題に合わせて、その課題を解決できる国産の産業用ドローンをカスタマイズして提供しています。
    そのため、まずはお客様からヒアリングをさせていただいたうえで、お見積もりをお出ししております。
    まずはお問い合わせフォームよりご相談ください。

    メールのアイコン資料請求・
    お問い合わせ
  • Q
    ドローンを操縦したことがない人ばかりの現場でも導入できますか?
    A

    ドローンを操縦したことがない人ばかりの現場でも導入は可能です。
    ACSLでは機体の販売だけでなく、実際に産業用ドローンを現場に取り入れた際の運用等について、お客様と一緒に構築していくことで、お客様が産業用ドローンを問題なく運用していけるようサポートいたします。

    また、当社のドローンは自律制御技術により自動航行可能ですので、熟練したドローンパイロットが不要です。

  • Q
    産業用ドローンを導入した後のメンテナンスについて教えてください?
    A

    ドローンは定期的なメンテナンスが必要となりますが、使用環境(室内・室外、飛行時間、飛行速度など)によって頻度や内容は異なります。

  • Q
    産業用ドローンで点検する場合、各種申請は必要ですか?
    A

    飛行する経路や高度、使用する機器の電波帯などによる申請の要否などがございます。ACSLにてサポートすることも可能です。

  • Q
    産業用ドローンのデモフライトは可能ですか?
    A

    はい、定期的に産業用ドローンのデモフライトを開催しております。 Facebookなどでお知らせいたしますのでご登録いただければ幸いです。
    https://www.facebook.com/acsldrone

  • Q
    産業用ドローンを導入するまでにかかる期間はどれくらいですか?
    A

    ACSLでは、お客様が持つ課題に合わせて、その課題を解決できる国産の産業用ドローンをカスタマイズして提供しているため、お客様によって導入までの期間は異なります。
    まずはお問い合わせフォームよりご相談ください。

    メールのアイコン資料請求・
    お問い合わせ
  • Q
    どこでACSLの産業用ドローンの購入が可能ですか?
    A

    サイトに掲載されている既存機体の導入を検討・希望される方は、代理店からの購入になります。
    購入までの流れ」より代理店を選択いただきお問い合わせください。

その他のご質問

  • Q
    ACSLは日本の会社ですか?
    A

    はい、当社は東京都江戸川区を本社所在地とする国内企業で、産業分野における既存業務の省人化・無人化を実現すべく、国産の産業用ドローンの開発を行っています。

  • Q
    安全にドローンを操縦できる天候(基準)を教えてください
    A

    産業用ドローンの飛行に影響がでる天候は、雨、風等があげられます。ACSLの産業用ドローン「ACSL-PF2」では、防塵防水性がIP54※相当であり、最大風圧抵抗は10m/sと、事故を起きにくくする機体設計となっています。

    ※2003年に国際電気標準会議(IEC)によって定められた、電気製品の防水・防塵性能を表す規格のこと

  • Q
    ドローンが飛行出来ないエリアはありますか?
    A

    ドローンを飛行させる際には、航空法を始めとする様々な法律を遵守しなければなりません。 例えば、航空法により以下に該当する場合には原則ドローンの飛行は禁止となっており、飛行させたい場合は国土交通省への手続きが必要となります。

    • 空港周辺
    • 150m以上の上空
    • 人家の集中地域

    産業用ドローンの導入をお考えの際には、ACSLでサポートすることも可能です。

当社ホームページに掲載されている情報の正確性については万全を期しておりますが、利用者に対し何らの保証を与えるものではありません。
また、当社は利用者が当社ホームページの情報を用いて行う一切の行為について、何らの責任を負わないものとします。
掲載情報の詳細やその他ご不明点については個別にお問い合わせいただきますようお願いいたします。

セキュアな国産ドローンの導入・開発についての
ご相談・資料請求
はこちらから。
メールのアイコン資料請求・お問い合わせ