産業用ドローンの導入・開発のご相談

産業用ドローンの導入・開発のご相談

メールのアイコン資料請求・お問い合わせ

風力発電機点検ドローン

風力発電機点検ドローン
風力発電機点検ドローン
風力発電機点検ドローン
風力発電機点検ドローン
風力発電機点検ドローン
風力発電機点検ドローン
風力発電機点検ドローン
風力発電機点検ドローン

風に強く、1基あたり約10分で点検画像を撮影できる自律飛行可能なドローンです。

  • 風力発電機を点検するのに何日も設備を停止しなければならず困っている
  • 風力発電機は高さが100m~200mにもなり、作業員による高所点検はコストが高く、安全性の面でも問題がある
  • ドローンを使用した点検を行っているが、操縦者によって撮影レベルが異なり、撮影レベルの安定化が難しい
  • ドローンの活用を検討しているが、たくさんのデータを扱うのでセキュリティーの面で不安

このような課題を解決できるのが、ACSL製の風力発電機点検ドローンです。

専用UIにより簡単に自律飛行ルートを設定

風力発電機の詳細サイズ、位置情報を入力するだけで、自動的に飛行ルートを算出することができるため、風力発電機のタワーやブレードに沿うように飛行することが可能です。

また、1回の自律飛行で風車全体(前面、背面)を撮影します。1つのブレードに対し、4方向からの撮影が約7分で可能です。

専用UIにより簡単に自律飛行ルートを設定
ブレードのエッジやレセプタの詳細画像取得が可能

ブレードのエッジやレセプタの詳細画像取得が可能

ドローンに高解像度のカメラを搭載することで、ブレードのエッジやレセプタの詳細画像を取得することが可能です。

大量の点検画像データをAIで解析し大幅時間短縮

株式会社アルビトと連携することで、大量の点検画像データをAIによる自動化・チェック項目のスコア化をし、品質を保ちつつ迅速・安価に行えます。

AIで解析したデータを専門家がクロスチェックすることで、品質を担保しながら最終的な点検レポートを作成し、提供します。

大量の点検画像データをAIで解析し大幅時間短縮

スペック

飛行性能
飛行速度水平10 m/s(GPS環境下)
最大対気抵抗20 m/s
最大飛行時間29分(ペイロードなし)
ペイロード2.75kg
対環境性能
使用温度範囲0~40 ℃
防塵防水IP54(キャップ装着時)
保険
対人/対物/動産保険が標準搭載(東京海上日動)

搭載カメラ

搭載カメラ

製品名: α7R IV (Sony)
センササイズ: 35.7 x 23.8mm
画素数: 9504 x 6336
ISO感度: 100~32000
シャッタースピード: 1/8000~30秒
レンズ: SEL35F18F、など
用途: 風力発電点検、コンクリートのクラック(0.2mmなどの細かいひび)

セキュアな国産ドローンの導入・開発についての
ご相談・資料請求
はこちらから。
メールのアイコン資料請求・お問い合わせ