産業用ドローンの導入・開発のご相談

産業用ドローンの導入・開発のご相談

メールのアイコン資料請求・お問い合わせ

PF2-AE Inspection インフラ点検

SOTEN(蒼天)で開発したセキュアなシステムを搭載し、より進化したインフラ点検ドローン

  • 作業員によるプラントの高所点検は、足場を組む必要がありコストが高く、安全性の面でも問題がある
  • 詳細な状況把握ができるように、ズーム機能付きカメラや赤外線カメラなどを使用したい
  • セキュリティの面でも安心して使用できる国産ドローンがよい

このような課題を解決できるのが、ACSL製のPF2-AE Inspection(インフラ点検)です。

機体の特徴

水平方向360°の衝突回避を備えており、安全な操作が可能

ズーム機能搭載カメラや赤外線カメラなど、4種類のカメラから選択でき、同一のジンバルでカメラの付け替えが可能

標準送信機1台とACSL製のリモートIDモジュールが標準搭載されており、無人航空機の登録制度にも対応

専用アプリケーション「TAKEOFF」により直感的な操作が可能

スペック

項目 詳細
全長(プロペラ範囲)1,173mm
高さ(カバー上面まで)526mm
高さ(アンテナ含)654mm
重量(バッテリ2本含)8.2kg(DSC-QX30U搭載時)
飛行速度(完全自律飛行時)水平:10m/s、上昇:3m/s、下降:2m/s
最大対気速度
20m/s
最大飛行時間
22分(DSC-QX30U搭載時)
カメラ以下4種類より選択
SONY 「α7R IV」 (フルサイズカメラ)
FLIR 「Duo Pro R」(可視+赤外線カメラ)
SONY 「UMC-R10C」(APS-Cセンサ)
SONY 「DSC-QX30U」(30倍ズームカメラ)
標準搭載
・標準送信機(スマートフォン無)1台
・水平方向360°の衝突回避機能
・専用アプリケーション「TAKEOFF」
・リモートIDモジュール

TAKEOFFダウンロード

こちらのページよりダウンロードください。

セキュアな国産ドローンの導入・開発についての
ご相談・資料請求
はこちらから。
メールのアイコン資料請求・お問い合わせ